【痩せる!】鍋ダイエットにおススメの具材7選【美肌効果もあり!?】

ダイエット

こんにちわイキイキです。

もう冬ということもあり鍋が食べたくなってきた人がいるのではないでしょうか。

ということで今回はおなか一杯食べても太らない鍋の具材を紹介したいと思います。

今年の冬は鍋で乗り切りましょう!

鍋ダイエットにおススメの具材7選

1.豆腐

1つ目は豆腐です。

豆腐は消化がいいしカロリーも低いのでダイエットにはもってこいの食材です。

それに鍋との相性は抜群に良いのでバクバク食べれてしまいますしおなかにたまるので満足感があり余計なカロリー摂取を抑えてくれます。

ただし注意すべき点が2つあります。

つ目は食べる量です。

豆腐は意外に脂質の多い食材なので食べすぎてしまうとリノール酸をとりすぎてしまいます。

なので1日の200gを目安に食べましょう。

2つ目は塩分です。

豆腐は味が薄いので調味料をかけて食べますがあまりたくさんかけすぎてしまうと塩分をとりすぎてしまう可能性があるので注意が必要です。

2.しらたき

2つ目はしらたきです。

しらたきの最大の特徴はとにかくカロリーが低いことです。

そのカロリーは100gあたり6kcalしかありません。

なので鍋を食べ終わった後の締めのラーメン代わりに使うこともできます。

もしかしたら皆さんの中には「味が染みないんじゃないか」と不安に思っている人が少なからずいると思いますが大丈夫です!

しらたきは一度乾煎りしておくことで味が染みこみやすくなりますし臭みも消してくれるので全然締めのラーメン代わりになります。

他にもしらたきは、水溶性食物繊維が豊富に入っているので余分な脂肪を体外に排出してくれます。

3.白菜

3つ目白菜です。

白菜もしらたき同様カロリーがめちゃ低いです。

そのカロリーは100g当たり14kcalとキャベツの約2分の1しかありません。

また白菜は鍋で煮込むとかさがぐっと減るので100gぐらいペロッと食べることができビタミンc、カルシウム、鉄、カロテンなど不足しがちな栄養をたくさん取ることができます。

白菜からはビタミンcが取れるし、糖質が少ないので美肌効果も期待できますね。

間違いなく鍋最強の具材だと思っています。(笑)

4.エノキタケ

4つ目はエノキタケです。

エノキタケはコリコリとしていて咀嚼回数が自然と多くなるので、満福中枢が刺激され食べすぎを防いでくれます。

この食感があるのとないのでは鍋のおいしさが全然違います。(笑)

またエノキタケにはエノキタケリノール酸という内臓脂肪の減少を促す成分が入っています。

「エノキタケリノール酸」を効率よくとるには凍らせるか過熱が必要なので鍋に入れることはこの成分をとることに適しているということです。

カロリーも低いのでバクバクいけます。

5.長ネギ

5つ目は長ネギです。

長ネギには「フルタン」という脂肪の燃焼の促す効果がある成分が入っています。

食べれば食べるほどに脂肪が燃えますが、食べすぎには注意です!

その理由は2つあります。

1つ目は下痢を起こす可能性があるからです。

なぜかというと長ネギに含まれる「アリイン」「アリシン」には強い抗菌作用あるため食べすぎてしまうと胃に負担がかかりおなかの調子をを崩してしまうからです。

2つ目は体臭を強くしてしまうからです。

これも先ほどと同様に「アリイン」「アリシン」が原因です。

なので長ネギを食べる際は以上の2点に気を付けましょう。

6. 鶏肉

6つ目は鶏肉です。

これはもうダイエットでは定番の食材ですよね。

鶏肉は低カロリーでありながら高タンパクなので筋肉を作り痩せやすい体をにしてくれます。

鶏肉についている皮はとらなくても大丈夫ですが皮をとることで脂質が3分の1になるので脂質が気になる方はぜひとってみてください。

また鶏肉は豚肉や牛肉と違って食べ応えがあるので満足感を得られると思います。

なので僕はゆでた鶏肉1羽だけで1食済ませてしまいます。(笑)

他にもタンパク質をとることは美肌になるメリットがあるのですすんで摂ってみてください。

7.あさり

7つ目はあさりです。

あさりはサプリになるくらい強力な力を秘めています。

あさりは高タンパクで低脂質という素晴らしい点がありますが何より素晴らしいのは鍋に入れることでいい出汁が取れることです。

普通の鍋にあさりを入れることで高級料理店のようなうまみが出るのでぜひいれてみてください。

ですが食べすぎには注意です!

なぜならあさりに含まれた豊富な栄養が内臓に負担をかけてしまうからです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

いつもの鍋の食材を一つでも変えるだけで効果が出ると思うのでぜひ入れてみてください。

この冬は鍋ダイエットをしながら乗り切りましょう。

意見や感想がある方は気軽にコメントしてください。

それではさようなら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました