朝ごはんを抜かないほうがいい3つの理由【朝食は美肌につながる!】

全て

どうもイキイキです。

朝って眠くてやる気が出ない、、、

朝ごはんなんて作る時間があったら寝る時間にしたい!

そう思っている人は多いんじゃないでしょうか。

もちろん僕をそうです。

しかし朝ごはんを抜くと肌荒れや病気の原因になってしまいます。

ということで今日は朝ごはんを抜かないほうがいい理由について話したいと思います。

朝ごはんを抜かないほうがいい3つの理由

肌の老化が進む

一つ目は朝ごはんを食べないと肌が老化してしまうからです。

なぜなら肌を修復するのに必要な栄養は食べ物から摂取する必須アミノ酸でその栄養は朝食でとることが正常なサイクルだからです。

なので朝食をとらないとこのサイクルが乱れてしまい肌のバランスが崩れてしまい肌荒れしてしまいます。

僕は高校生の時いつもぎりぎりまで寝ていたので朝ごはんを食べずに学校に行っていたので肌が荒れていたのかもしれません。

昼ごはんすら食べることがない時もあったので当然体に栄養はいってなかったと思います。(笑)

お肌のために皆さんはしっかり朝ごはんを食べましょう。

血糖値が急激に上がる

2つ目は血糖値が上がるからです。

血糖値はそもそも糖質の多い食事をしたあとや朝ごはんを抜いた後の食事どきに急激に上昇するそうです。

ではなぜ朝ごはんを抜くと血糖値が上がるのか?

それは朝ご飯を抜いた空腹状態のおなかの中に入ってきた栄養を体がすぐに吸収しようとするからです。

その結果血糖値が上昇してしまうのです。

血糖値が急激に上昇することが多くなると動脈硬化糖尿病などのリスクが高くなってしまいます。

朝ごはんを抜くという行為を積み重ねていくと病気につながることがあるので3食ちゃんと食べましょう。

朝ごはんを抜くと太る!?

3つ目は太るからです。

なぜ太るのかというと理由は3つあります。

  • 次にの食事の量が増える
  • 代謝が落ちる
  • 食べたものの吸収がよくなる

他にもいろんな理由がネット上にはありますがこの3つは本当のようです。

ここで誤解してほしくないのは必ずしも朝ごはん抜きが太るわけではないということです。

夜ご飯を食べるの時間が遅いなどの人の生活リズムによっては逆にカロリーオーバーになってしまい朝ごはんを食べても太ってしまう可能性があるので注意です。

そういった方は軽めの朝食でも大丈夫なのでヨーグルトなどの腸にやさしいものを食べることをおすすめします。

朝に食べるべきもの

朝に食べるといいものは基本的に、

  • ・肉
  • ・野菜
  • ・ナッツ
  • ・乳製品
  • ・パン
  • ・たまご などです。

また肌細胞の修復に必要な必須アミノ酸はタンパク質が多く含まれる食材に含まれていることが多いので、

納豆などの和食をとるのもいいと思います。

和食は健康食として最高ですからね。

朝時間がない人はフルーツでも良き

朝時間がなかったりおなかが弱くてあまり重いものは食べられないという人はフルーツを食べるのもいいと思います。

特にミネラルが豊富なバナナ、疲労回復できるリンゴ、集中力の上がるベリーなどです。

今人気の某フリーアナウンサーも朝ごはんはフルーツをたくさん食べているそうですよ。

その効果かわかりませんがとても肌がきれいで憧れます。(笑)

朝時間がない人は気軽にタンパク質のとれるプロテインを飲むのもいいと思います。

朝ごはんを食べなくて恥ずかしい思いをした話

これは私が学生時代の時の話ですが、学生の皆さんなら一度は経験していると思います。

それは授業中におなかが鳴ることです。

これ結構恥ずかしいですよね。(笑)

当然育ち盛りの高校生ですから朝ごはんを食べなければおなかが鳴るのは当然です。

おなかが鳴りそうになると授業なんかよりどうやってならないようにするかに集中してしまって勉強ができなかったりストレスになってしまい肌荒れするかもしれません。

なので朝ご飯を食べることは大切です。

これからは受験シーズンで勉強にもっと集中しないといけない学生がいると思いますが朝ごはんはしっかりとりましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。

朝ごはんを食べないなんて方もいると思います。

しかし朝ごはんを食べないのはもったいないです。

朝ごはんは美肌や病気のリスクを下げることにつながるので少しでもいいので食べてみてはどうでしょうか。

毎日続けているときっと体に変化が出てくると思います。

ということで今日はもうお別れです。

感想や意見があったら気軽のコメントしてください。

ではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました